News:

10年。

プランターに四本の脚がついている。

水はけのことを考えての形なのだけど、
脚をつけると、脚の長さ分だけ植物は太陽と空に近づけるのだなぁと、ふと感じた。


同じ形のものを何年も作り続けていると、
少しずつ体の感覚が慣れてきて、段取りよく上手に作れるようになってくる。
その反面、
始めに考えた形に疑問が湧いたり、別の形が良いのではと考えなおしてみたり、
過去の自分にあれこれと、もの申す今の自分がときどき出てくるのです。

そんな時は、パッと見ただけでは気がつかないような、ほんの小さな修正を加えるときがあります。
それは、今の自分の直感に従いたい気持ちと、作品を少し成長させてみようかなという遊び心のような感覚。それと、自分で自分の複製品を作ってしまわないようにするため。

商品である以上、一定の基準内で仕上げることが前提ではあるけれど、
自分自身の価値観や心の変化とも向き合いながら、そのとき持っている感覚を一点一点の作品に、自然と吹き込んでいけるようなモノ作りができたら良いなと思います。


プランターの脚の話に戻りますが、、
植物にとっては、脚の分だけ太陽や空に近づけたとしても、何も変わりはないんでしょうね。
たったの、2センチだし…。
でも、その2センチで、誰かが楽しい想像を少しでも膨らませてもらえたら、それって価値がある2センチだなと思うのです。
1つの脚だけ金属なのも、ガラスがはまっているのも、そんな想像をするのに役立ててもらえたら嬉しいです。


さてさて、久しぶりの長文でいまいち何が書きたかったのか内容をまとめられなくなってきましたが、、
このTRUSS PLANTER、製作を始めてから10年になりました。

ご購入いただきお使い頂いている方々はもちろんのこと、現在販売していただいているショップさんや、過去取り扱って頂いていたショップさん、他にもいろんな方々のお力をお借りし、助けていただきながら(ご迷惑もおかけしながら…)こんなにも長く作り続けられていることに本当に感謝です。

これからも、大切に作り続けて、お届けしていきたいと思います。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

 

pagetop