Blog:

PE _カードケースの修理

先日、ペのカードケースの修理をさせて頂きました。

初期の頃に制作したカードケースで、形状やディテールも現行のモデルとは少し違っています。 生地の所々に紺色の斑点が混ざっていたので、気になってその理由をお訪ねしたところ、ジーンズのポケットに入れて長いことお使い頂いていたようで、そのパンツの色が擦れた生地に入り込んでできたとのことでした。

レザーなどと比べると、生地表面の摩耗性はどうしても劣ってしまうのですが、使われる環境によっては、このようなPE素材独特の面白い経年変化もあるのだなと、自分の使い方だけではわからない使い込まれた表情を知ることが出来ました。

技術的にもまだまだ未熟だったころのアイテムでしたので、溶着が十分でなく、使われている間にポケットの底部分の接合箇所が取れてしまっていました。

初期のモデルのものは、生地の外側からじっくりと熱をかけて溶着する方法だったため、アイテムのカラーによって熱伝導の違いもあり、溶着面の強度が不安定なものでした。現行タイプは生地と生地との接合面を直接コテで溶かして接着をする方法に変更しているため、使い込まれた生地の風合いはそのままに、溶着箇所のみ現行の方法に変えて修理をさせて頂くことにしました。

下が修理の後です。溶着部分をカットした分、少し小さくなってしまいましたが、溶着方法とディテールも現行タイプに変更してスッキリとした仕上がりになりました。

これで、また、長くお使い頂けると思います。

私自身、自分の昔の仕事を改めて見直す良い機会となりました。

この度は、修理をさせて頂きありがとうございました。

pagetop