RIKI スツール。
RIKI スツール

渡辺力さんのCarton Furniture Series / High Stool。

アトリエ用にオレンジカラーを2脚購入しました。
14枚のダンボール板を折り曲げ、1枚1枚組み合わせていくごとに、
徐々にスツールとしての強度が備わっていくのを感じます。

構造と外観が1つになったシンプルで素敵なスツールです。

お気に入り |
ペン立て。


GE lightingのランプの紙パッケージ。
中は木板でしっかりと補強してあります。

GENERAL ELECTRIC社のロゴも好きなのですが、
どちらかというと青と黄の配色とざっくりとしたプリント感の方が気に入っていて、2年ほど前からペン立てにして使用しています。

小物入れにも使えるようにとフタも一緒に作っておいたのですが、
フタはどっかにいってしまいました...。
お気に入り |
「本格カレー入門」。
「オレのカレーを食ってみろ!」
と、少々恥ずかしめの副題がついたカレー作りの本を買いました。

入門書によると、はじめにカレーベースを作るのだそうです。

まずは香辛料を探しにお店へ向かったのですが、カソメリティやらカルダモンやらクローブやら...名前を覚えるのに一苦労なうえ、種類の多さにビックリ。

結局、行ったお店では必要なものが揃えられず、とりあえずは市販のグリーンカレーペーストを買ってそれっぽく作ってみることにしました。



見た目は無骨ですが、さすが市販だけあって美味しく頂きました。
いつか、僕もオリジナルカレーを作って「オレノカレーヲ食ッテミロ!!」と言ってみたいです。

あと、チャパティというパンも一緒に作ってみたのですが、
違う粉で作ってしまったので、まったくの別ものに...。
お気に入り |
「家の具展」


京都夷川通の「idギャラリー」で開催されている、知り合いの二人展に行ってきました。

展示会のタイトルが「家具展」ではなく「家の具(いえのぐ)展」というところが、なんともステキなネーミングです。

「キャンパスを絵の具で色付けしていくように、家の中を道具たちが色づけしていくんですよ〜」といった作者のコンセプト通り、カラフルな布で作られた小物たちと、それらとうまく調和するようなMDFボードで作られたシンプルな家具たちが展示されていました。



なかでも目に留まったのが、「ぼうしのライト」。
作者も同じような帽子を被っていたのにはやられてしまいました。



会期は今週の日曜日まで。みなさんも是非行ってみて下さい。


『家の具展』 水原知浩 小西弘恵
会期:2007.7.3(tue)〜2007.7.8(sun)
時間:11:00~19:00(Last day 11:00〜17:00)
場所:id Gallery(アイディ・ギャラリー)
   京都市中京区夷川通寺町西入る南側
お気に入り |
愛機リニューアル。
携帯
au cdmaOne 携帯電話 CASIO『G'zOne C409CA』。

耐衝撃・耐水性能を備えた携帯として華々しく発表された「G-SHOCK携帯」シリーズの3機種目のタイプ。
携帯電話史上3本の指に入る名機だと、僕は勝手に思っています。

とはいえ、発売されたのが2001年。6年前に作られた携帯。
カメラも付いていないしモニターもかろうじてカラー?と呼べる範囲。

機能的には全然世間についていけていないのですが、なかなか手放すことが出来ずにバッテーリーを交換しながらも現役で大切に使っています。

そんな愛機も、長年使って塗装はボロボロ...。
「これは、これはダメだ〜!」
という訳で塗り替えちゃいました。

携帯01
ホワイトをベースにシルバーをパラパラと吹きかけて、フラットクリアーでコーティング。

携帯02

完成!!

これからは中身がいつまで持つかが心配です。
もしもの時はauさん、助けてくださいね〜!
お気に入り |
樺の名刺ケース。
今日、木工を志す仲間3人とご無沙汰ぶりに合流。
その中の一人、大阪で店鋪内装などを手掛ける会社で製作をしているオオニシ氏から彼が作った作品を頂きました。

?》?±?1/4?1
Designed by Kenzo Oonishi.


樺の木で作った名刺ケースです。
オイルで仕上げてあり、手にしっかりと馴染む、飽きの来ないシンプルな感じがとても良いです。



金具は一切使っておらず、スライド式で名刺を出し入れできる繊細な加工部分から彼の木へのこだわりが伝わってきます。

話はちょっとそれますが、作品製作や商品企画において「作り込む」ということはそれらの質を上げる意味でもとても大切なこと。ですが、作品と商品では「作り込む」という意味のとらえかたに違いがあることに、いつも戸惑ってしまいます。
作り込みを間違えてしまうと、場合によってはマイナスに作用してしまうこともあるのでその最良のボーダーラインを探すのがとても難しいです...。

僕はまだまだ勉強中で、その最良のラインがまだはっきりと見えてこないのですが、
頂いたこの名刺ケースを見ていると、物づくりの跡やこだわりが伝わってくるモノにはやっぱり心が惹かれてしまいます。

使い込んでいくと風合も変化していくと思うので、これからが楽しみです!。
お気に入り |
観察日記。
こんにちは。
こまつです。

今日は、お気に入りの植物をご紹介。
これ、スゴイんですよ!



いろんなところに、ちょこっと植えてやるとニョキニョキと
どんどん増えるんです!



ここにも。
素晴らしい生命力!

以前、京都近鉄プラッツの展示会でご紹介した「CUBE PLANTER」で育てているのですが、
小さなプランターにこのプクプクした感じがすごくかわいくないですか。
私のお気に入り植物です。

しかし、問題が…。
一体なんていう名前なのでしょうか…。
お気に入り |
『NOBIGURUMI』
こんにちは。
こまつです。

先日、待ちに待っていたものが我が家にやってきました!
それがこの『NOBIGURUMI』です。

『NOBIGURUMI』handmade by Shin Enomoto

以前、名古屋テレビ塔のパークギャラリーにおじゃました時にカウンターに
置いてあった、個展のフライヤーにひとめぼれをしました。
そこには3体のぬいぐるみが写っていて、
どうしても実物が見たくなり、展示会場に向かいました。

すると!そこには、たくさんの種類のNOBIGURUMI
その光景がなんともいえないかわいさでした。

そこで、どうしても欲しくなり、作者の方にお願いをして
作って頂くことになり、ついに先日ご対面を果たしたのです!



想像を遥かにこえるもので、とっても感激です!
なんといってもこの細かさに驚きです。
フェルトやボタン、いろんな種類の生地の組み合わせ。
そして、お腹には私のイニシャルのSKの文字が。
かわいいだけじゃなく、かっこよくもあるんですよ。


作者の榎本 晋さん。とても気さくな人でした。
お気に入り |
ご紹介。
1年ほど前でしょうか。
「名古屋クリエーターズマーケット」というイベントに出展されていたイラストレーターの「八神紀子」さんにPULL+PUSHの作品をイメージして絵を描いてもらいました。

(↓その作品)


(↓「PULL+PUSH」の家があります。)


(↓夜バージョンも描いてくれました。)


クレヨンで力強く描かれているのですが、ゆったりと素朴な感じも伝わって来ます。
作者八神さんの人柄が作風にも表れているんでしょうかねえ。

とてもお気に入りの2枚なのでここでちょっと紹介させてもらっちゃいました。

お気に入り |
ぶつぶつ交換。
以前、知り合いから頂いた「ウシプランター」?|?・についてここで紹介しましたが、そのお返しを製作しました。
タイトルは「COW HOUSE」。牛小屋のペーパーウェイトです。

COWHAUSE01
↑パッケージ。

パッケージを開けると、
COWHAUSE02
説明書もちゃんと作ってあります。

で、中身はというと
COWHOUSE03
こんな感じで、小屋が3つと人工芝のセットになってます。

COWHOUSE04
3つ並べるとこんな感じ。入口には1.2.3と小屋の番号が付いています。

COWHOUSE05
2つではこんな感じ。

COWHOUSE06
ちゃんとガラスも埋込んであります。人工芝にはタグ付き。

◎こんな感じで作品を考えるのも、新鮮でたまには良いもんですね。



お気に入り |
  1 / 2  >>